このページを印刷する

事業戦略・ビジネスモデル

企業情報

事業戦略

当社グループの強み

 当社グループの研究の対象は、体や病気の状態を客観的かつ定量的に評価するための指標であるバイオマーカーと、それを利用した生体評価システムです。当社グループは、大学医学部発ベンチャーとしての学術的背景を有しており、このバイオマーカー技術を基礎として長年にわたり食品等の臨床評価を通じて培ったエビデンスの構築および活用に関する実績、ノウハウ、インフラを強みとしております。また、医療界、医学会との幅広いネットワークを有する等のユニークな特長を有しております。

当社グループの事業戦略

 我が国では、少子高齢化を背景とした医療費の増大が続く中、医療の効率化や予防医療の推進が必須の課題となっており、また国外におきましても新興国の経済発展にともないヘルスケア商品・サービスのニーズが高まっています。このような状況下において、医薬や食品等の様々な領域でエビデンスの需要が顕在化してきています。  当社グループでは、そのようなニーズに応え、エビデンスに基づいた他社製品の開発支援ならびに自社製品の開発および販売、エビデンスの構築および活用を通じたEBM(Evidence Based Medicine=科学的根拠に基づく医療)の推進およびマーケティング等の支援、予防医療や医療の効率化などの支援サービス等の商品やサービスを提供しております。

ビジネスモデル

 当社グループは、バイオマーカー技術に基づく「エビデンス」をキーワードとして、少子高齢化や医療保険財政の逼迫等を背景とした多様なニーズに対応し、ビジネスモデルの拡張を進めてまいりました。現在、医薬、食品、化粧品、ヘルスケア・サービス等の様々な事業領域で、開発からマーケティングまでの支援、業務の代行および受託、販売等の事業を展開しております。

バイオマーカー技術に基づくエビデンス

ページの先頭へ戻る